最高級品種 バルダイ種のかにしゃぶセット

最高級品種の生大ずわい かにしゃぶセット

めったに食べることが出来ない、最高品種のかにしゃぶセットです

ここでご紹介するズワイガニは、高級料亭ご用達の、最高級の品種です。
濃厚なうま味、プリッとした弾力のある身で、料亭でこの品種しか食べない通の方もいる、最高品種にふさわしい味のカニです。

 

今回、この貴重なカニを数量限定で確保しました。

 

在庫がなくなり次第販売終了となります。この機会にぜひ最高の味をご賞味ください!

 

 

大ずわいがにでも、味は大味ではありません

名前のイメージで、大味だと思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。
濃厚で、食べ応えがある美味しいカニです!

 

バルダイ種とは

ずわいがには、大きく分けると
オピリオ種(ズワイガニ)、バルダイ種(大ズワイガニ)、紅ズワイの3種類があります。

 

「ズワイガニ」と呼ばれているものは、一般的にはオピリオ種のものです。
越前ガニ、松葉ガニも水揚げをされた場所が違うから呼び方も違うだけで、実は同じ「オピリオ種」です。

 

紅ズワイは、鮮度を保つことが難しいために、ほとんどが缶詰などに使われます。

 

この紅ズワイガニと区別するため、オピリオ種とバルダイ種のずわいがにを、「本ずわい蟹」と呼ぶこともあります。

 

大ズワイガニとは

大ズワイガニの見た目は、オピリオ種にそっくりです。
でも、それよりもっと深い海の場所に生息していて、その名の通り、一回り大きい品種です。

 

世界中で水揚げされる本ズワイのうち、たった2%しかないとても貴重な品種で、幻の蟹とも言われます。
そのために価格も高く、大きなズワイガニが高く評価されている関西でも、京都などの高級料亭や旅館で使われてしまって、他に出回ることがほとんどなく、めったに口に出来ない最高級のズワイガニです。

 

 

ズワイガニの3品種を比較した表

種類 ずわいがに(オピリオ種) 大ずわいがに(バルダイ種) 紅ずわいがに
生きているものは薄めの茶色で、ボイルしたものはオレンジ色をしています。 生のものは濃い目の茶色で、ボイルのものは赤い色です。 紅色をしています。
大きさ 他の2つと比べると、中間的なサイズです。 大き目の蟹で、殻が固く、足が太いのが特徴です。 比較的小さいサイズで、重さも軽めです。
カニの味 かにの身の繊維が繊細で、口の中でとろけてしまうような食感。上品で質が高く、優しい甘さがあります。 身の繊維が太めで、食べ応えがある、プリプリッとした食感です。濃厚で、しっかりとした味があります。 身がとてもやわらかく、水分量が多めで身が痩せてしまうこともあります。とれたては美味ですが、鮮度を保つことが難しく、他のものよりは劣る、とされています。

 


>>今が旬!匠本舗のカニが特価です。詳しく見る<<

最高級品種の生大ずわい かにしゃぶセット関連ページ

生本ずわい「かにしゃぶ」むき身満足セット

ホーム RSS購読 サイトマップ